お肌のトラブルから病気の可能性を知る

気になる肌トラブルは数多くありますが、中でもしみに関する悩みを抱える人は少なくありません。
しみというのは皮膚の中で作られるメラニン色素が沈着することでできます。
紫外線を浴び続けることでできるものが最も一般的ですが、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる肝斑という特徴的なシミや、子供のころから顔の中心部分に広がるそばかすなどもあります。
しみの予防に必要不可欠なのが紫外線対策です。
紫外線は特に春先から夏にかけて強くなりますが、基本的に一年中降り注いでいるものなので、シミができやすいという人は、一年を通して常に対策を講じておく必要があります。
UV対策をしっかりと行い皮膚に達する紫外線をできるだけ減らすことが肝心です。
その他にもニキビや化粧品かぶれなどによる肌の炎症が治った後にできる褐色のしみは年齢や性別に関係なくできます。
皮膚の細胞は通常は約28日周期で新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーを繰り返しているのですが、このターンオーバーのサイクルが乱れるとメラニン色素が沈着してしみになります。
できてしまったシミを長年放置したままにしておくと、やがて脂漏性角化症になることもあります。
そしてしみに似た症状が出る病気としては、表在型基底細胞がん、悪性黒色腫などの皮膚がんや、固定薬疹、ボーエン病などがあります。
炎症後の色素沈着は原則的には自然に消えていくのですが、ビタミンCの内服やハイドロキノン配合のクリームを使うと早くしみを薄くすることができます。
ハイドロキノンクリームはつけたからと言ってすぐに効果が現れるわけではありません。
ハイドロキノンクリームを使い始めたら少なくても1か月程度は根気よく続けてみる必要があります。